保護犬ホシの純情な感情

私パプリカと保護犬ホシの記録

別れは絶対に避けられない。愛犬のお骨 どう納めるか 考えていますか?

 

 

愛犬との別れはどう考えても

辛い。

どの角度からみても辛い。

 

でも、避けられない。

それを覚悟で家族になった。

 

 

私 パプリカ。

昔飼っていた犬の最後に

とても後悔しております。

 

老衰で死んでしまったのですが

何ヶ月かは介護をしました。

 

でも、それはとても胸を張って

介護をやり遂げたとは全く言えません。

 

その時は仕事も忙しく、姉と一緒に

介護をしていたのですが。

 

ほぼ姉に任せきり。

私はお手伝い程度で。

介護中も気になりながらも

遊びに行ったりしていました。

 

今思うと、介護がいつ終わるのか分からないから

お誘いを断り続けるのもやらしいとか、

姉がいるからとか、

しょーもない理由でした。

 

遊びに行っている時もすごく犬の事が気になるのに

それも人前では言葉にできず。

弱弱な人間でした。

人目なんて気にしすぎて。

 

本当は逆ですよね。

介護がいつ終わるか分からないから

そばにいてあげたい。

だったのに。

 

 

もう、20年くらい前の話なのですが

未だにその時の自分を

ぶん殴りたい。

 

本当に後悔は先にはこない。

後。必ず後。

 

でも、死に対して

必ず満足のいく結果って

ないんじゃないかなと思います。

 

どれだけやっても絶対に

あーすればよかった。

こーすればよかった。

あの時...

もっとあの時...

 

が、やってきます。

 

 

私 パプリカ

あの時の自分をいましめるために

今から精一杯 ホシの短い一生を

最小限の悔いにするために

 

毎日いろいろ考えております。

 

 

ホシと一緒に暮らし始めてから

ずーっと思っている事。

それは

 

ホシのお骨は

いっぱい一緒にお散歩した

山に撒こう!

 

です。

 

もう、お別れは悲しい事なんて分かりきって

いるので。

どうせなら最後までお互いに楽しく迎えたい。

 

だから、

いつもの場所で会おうね!

 

くらいの勢いです!

 

なんなら待ち合わせでもかまわない。

 

家もいいけど、お散歩大好きなホシ。

大好きな所に返してあげたい。

 

そう思っています。

 

 

あ、

パプリカ 号泣 ナウ

 

 

 

 

散骨には飼い主さんの色んな思いが込めらます。

 

離れたくないから、お庭のプランターに散骨

と言うのも聞いた事があります。

 

すごくいいですよね。

近くに感じられる。

 

 

私の昔飼っていた犬は

家の敷地に土葬でした。

 

えー!と思われる方もいるかもしれませんが

私と姉はいつも近くに感じられたので

すごくよかったです。

毎日お水などあげていました。

 

 

 

今は色んなペット葬儀があります。

まだ早いなんて事ない。

必ずその時はくるので。

私は今から心の準備をしないと

とてもじゃないけど耐えられそうに

ありません。

 

ただ、今は

毎日悔いのない1日を過ごすことに

全力を注ぎたいと思います。

 

 

どうか。皆様も悔いのない毎日を。

 

 

 

 

 

f:id:papurikax:20200224200913j:image

 

コイツっっっ